LG27UQ850V-Wレビュー:高コントラストが美しい4K27インチモニター

thumbnail
ヨミ

LG LG27UQ850V-Wのまとめ

「IPSで高コントラストのモニターが欲しい!」
そんな人にオススメ!

購入してから開封・使用まで、筆者の体験をもとにレビュー

プロモーションを受けていない、純粋な感想をお伝えします!

  • 広色域と高コントラスト
  • USB-C一本で接続可能
  • 価格が高い
  • 付属ソフトの動作が不安定

LG 27UQ850V-Wの仕様

Q
LG 27UQ850V-Wの詳しい仕様表
27UQ850V-W
(LGエレクトロニクス)
パネル性能27インチ(16:9)
4K(3840×2160)
60Hz(GTG Fasterモード 5ms)
Nano IPS Black
コントラスト比 2000:1
輝度 400cd/㎡
色域 DCI-P3 98%
機能フリッカーフリー
AMD FreeSync™
ブラックスタビライザー
残像感低減モード
Display HDR400
KVMスイッチ
スピーカー(ステレオ)
ハードウェアキャリブレーション対応
端子HDMI ×2
DisplayPort 1.4 ×1
USB Type-C(PD90W)
USB 3.0 (down) ×2
USB 2.0 (up) ×1
付属品AC-DCアダプター&電源コード
HDMIケーブル 1.5m
DisplayPortケーブル 1.5m
USBケーブル 1.5m
USB-Cケーブル 1.5m
保証書
セットアップガイド
筐体チルト(前 : -5゚~後 : 20゚)
ピボット(右90°)
高さ調整(110mm)

VESAマウント(100×100)
寸法 / 重量スタンド非装着時外形寸法 [mm]
幅614×高さ364×奥行44

スタンド非装着時重量 [kg]
3.85

スタンド装着時重量 [kg]
5.65
価格2024/05/04現在
¥84,800(税込)

LG 27UQ850V-Wは、Nano IPS Blackを採用したLGの4Kモニターです。

4Kオフィスモニターの中では高価な部類ですが、色域がDCI-P3 98%と広く、それでいてコントラスト比を2000:1まで引き上げたNano IPS Black搭載であることが価格に反映されているのでしょうか。

ヨミ
ヨミ

このモニターと同じパネルを採用しているとされるDell 2723QEの方が若干安く、4辺ベゼルレスと魅力的に見えます。しかし、パネルの製造元であることやハードウェアキャリブレーション対応、背面のデザインなどを加味してLGを選択。

リフレッシュレートは60Hzと特に高いわけでもなく、ゲーム向きとは言えないでしょう。ゲームに使うのであれば、27GP95RP-Bが良いと思います。(ただし4Kゲームを高リフレッシュレートで動かせるグラボの価格は…)

各種ケーブルが同梱されていたり、調整幅が広いスタンドが付属しているので、モニター周りのアイテムを追加で購入する必要がないことは人によっては嬉しいポイントかもしれません。

外観あれこれ

正面
入出力端子
裏面
付属品

正面のLGロゴは黒マスキングテープで隠しています。何かが貼ってあるという違和感みたいなものは全く感じられないので、ロゴが画面の下にあるのが気になる方はぜひお試しください。

付属のスタンドは簡単に本体にセットできるようになってはいますが、色やデザインがあまり好きではないのでエルゴトロンLXを別途購入して使用しています。アームの取り付け時には、モニター付属のネジに持ち手がついていたためドライバーを使う必要はありませんでした。

入出力端子は下ではなく横を向いているので非常に挿しやすく、使い勝手の良いものになっています。また、背面が白になっていることでモニターの裏面が部屋の中で見えるようなデスク配置にした場合でも圧迫感がなくインテリア的に優れていると言えるでしょう。

しばらく使ってみた感想

よかったところ

「4Kモニターなら32インチでしょ」「どうせ拡大して使うならWQHDでよくない?」と考える人も多いかと思いますが、3840×2160ドットが27インチのサイズにギュッと並べられているわけですから、画面の滑らかさ、すなわちドット感の無さは格別です。

滅多に触らない設定画面も誰でも使いやすそうな使用感でした。以前使っていたEIZOの静電気式の操作の方が慣れれば素早い操作が可能ではありましたが、ゲームコントローラーのジョイスティックのようなものが一つで完結するこちらの方が簡単ではあります。

そしてNano IPS Blackパネルを搭載した本機種は、やはり発色が綺麗です。コントラスト比ではやはりOELDなどには敵いませんが、IPSパネルであることを考えるとやはり暗い色が映えて見えます。

イマイチなところ

USB-C入力でMacBook Airを接続していると、モニターのUSB端子からBenQ ScreenBarの電源を取れない場合がありました。MacBook Airの充電状態や使用するケーブルによって状況が変わったため何が原因か把握できていないのですが、動作にUSBからの電力を使用する機器を接続する場合は気をつけた方が良いかもしれません。

付属品の電源ユニットは結構大きいです。長さ18cm、幅8.5cmほどになっているので、大きな外部電源ユニットが気に入らないという方は他のモニターを選択した方が良いかもしれません。

また、LGのOnScreen ControlはMacにも対応していますが、動作が不安定すぎて普段から使えるとは言えないものでした(使用したのはM2 MacBook Air)。ただし、普通に動作したとしてもBetterSnapToolの方が便利だと思います。

総評

色域の広さ、色の表現力、高いコントラスト比など、色にこだわって4KのIPS液晶モニターを探している人にはおすすめできるモニターだと思います。裏面がホワイトなどインテリアとしてのデザイン性もGoodです。

一方で、豊富な入出力端子や高いスペックを加味しても若干の割高感はあるでしょう。買って後悔は全くしていませんが、高リフレッシュレートを求めるなら27GP95RP-B、色域や色の表現性の高さにこだわらないのであれば下位モデルなどを選択すべきだと思います。

買い替えのために10種類以上のモニターを検討しましたが、世の中には魅力的な製品が溢れています。結局は「自分にとって何が一番大切か」を決めてから探すと良い結果が得られるかもしれませんね。

長く使い続けたいと思える相棒を見つけられた!

ヨミ
ヨミ
ABOUT ME
ヨミ
ヨミ
とある大学生
いろいろ手を出しては中途半端に終わることの多い飽き性なニンゲン。
性別:男性
趣味:写真撮影, スキー, 旅行
備考:ガジェット集めは一段落ついた模様
記事URLをコピーしました